エントリーはこちら

転職成功者インタビュー | リージョナルHERO

一覧に戻る

大塚テクノ株式会社
大川祥吾さん(仮名) 30歳/大学卒

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで86日間

地元に帰ってスキルもアップ!徳島でどこにもない製品開発に挑む喜び。

電気設計エンジニアの大川祥吾さん(仮名)は、徳島の高校を卒業後は関西の大学を経て、東海地方のメーカーに就職。20代のほとんどを岐阜で過ごしてきた。長男だったこともあり、「いつかは地元に帰ろう」と考えていたものの、なかなか行動に移せないでいたという。それでも、自分のスキルに自信がついてくるにつれ、仕事環境などで疑問を感じるようになった大川さんは、30歳を目前に転職エージェントに登録。すると予想を超える数の企業を紹介され、そこには関西の有名企業も含まれていたという。その中から大川さんが選択したのは、徳島に本社を置く個性派メーカーだった。現在は社長直属の開発プロジェクトのメンバーとして働き、「徳島で暮らす喜びと、どこにもない製品を作るやりがいを感じている」という大川さんに転職体験談をうかがった。(※本記事の内容は、2020年4月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前後の職業

職業

制御設計

電気設計

業界

工作機械メーカー

プラスチック製品・電子部品・医療機器メーカー

仕事内容

大手工作機械メーカーに勤務。制御設計者としてハード設計業務・ソフト設計業務に従事。直近は大型工作機械の特注設計対応などに従事。

新規医療機器の設計開発から量産化までのプロジェクトに従事。主に電気設計を担うエンジニアとして新製品開発に従事。

「質より量、質より早さ」を追い求める日々に、自分の未来が見えなくなった。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

「大塚テクノ」という大塚製薬グループのメーカーで、医療機器の開発をしています。「大塚テクノ」は、点滴用の輸液キャップや、液体ハミガキのボトルといったプラスチック製品から、電気回路の中に入っているブレーカーなどの精密機器も製造しています。そのなかで私が担当しているのは、まだどこにも存在していない新しい医療機器の開発です。会社の今後を見すえて社長が立ち上げた新規プロジェクトで、10人程度のメンバーと一緒に鳴門工場で開発に取り組んでいます。

入社前のご経歴を教えてください。

出身は徳島で、関西にある大学の理工学部を卒業後、工作機械メーカーに就職し、複合加工機の設計を7年間経験しました。私が担当していたのは、クライアントのニーズに合わせて特注する機械の設計です。1台が1億円くらいする大型機械の、主に動作を制御する設計を任されていました。勤務地は最初の1年間は愛知でしたが、その後の6年間はずっと岐阜で働いていました。

転職したきっかけは?

地元の徳島に帰りたいという思いが頭によぎり出したのは、社会人になって3年目からでした。でもその段階ではまだまだ半人前。そんな状態では転職してもやっていける自信がなくて、なかなか行動には移せませんでした。ですが、26歳の時にイギリスに半年間赴任したのを機に少しずつ自信がついてきて、同時に仕事環境に疑問を感じるようになってきたんです。1つ目は、求められる仕事が、「質より量、質より早さ」だったことです。私は質にこだわりたいタイプ。ところが常に10件くらいの仕事をかけ持ちしており、厳しい納期に追い立てられるように仕事をしていました。自分が納得できる製品を送り出せない状況に、もどかしさを感じていたんです。もう1つは、残業が続く日々で仕事と生活のバランスが失われていたことです。連日の残業で、帰りはいつも21時か22時頃でした。家と職場の往復ばかりの生活になっており、「将来も自分にこの働き方ができるのか?」と思うようになりました。そのうちに20代も後半に差し掛かり、「30歳を超えると転職が難しくなるのでは?」と考えて、転職活動を始めました。

転職活動はどのように進めましたか?

まずはネットで転職情報を調べました。そしていろいろな転職サイトを見て、いくつかのサイトに登録しました。希望勤務地のエリアは、最初は徳島には限定していませんでした。自分が求めるような会社が徳島にあるかどうか不安だったので、香川、兵庫、大阪までエリアを広げて探していました。いくつかのサイトに登録すると予想以上の求人紹介メールを貰え、驚きました。その中から興味のある会社を5、6社受けましたが、その中には関西の有名な大手企業も含まれていました。

今の会社に決めたポイントは?

他の企業はだいたい、人事担当者と役員クラスの面接だけだったのですが、大塚テクノは、実際の現場で上司になる予定の方が面接に入ってくれたので、自分がそこで働く様子がイメージできましたし、なにより、「この人と一緒に働きたい」と感じました。現在の上司と話をして、質を大事にする仕事のスタイルに共感できましたし、とても話しやすくて人柄も魅力的に感じました。仕事の内容も、「世の中にないものを作る仕事」と聞いて、わくわくしましたね。立ち上がってまもない新規プロジェクトの、電気関係の実務ができる人材を探しているということだったので、ぜひ自分が貢献したいと思いました。また、面談・面接で3回ほどじっくりと話をできる機会があり、スキルだけでなく、私の志向性や人となりも含めて評価してもらえたことが嬉しかったですね。大塚テクノはそこまで大きな会社ではありませんが、大塚製薬グループというバックボーンがあるので安心感もありました。待遇面は関西の大手企業の方がよかったのですが、それよりも徳島で働くことで地元に貢献でき、かつ、世界にもつながっているという点が私にとっては大きかったです。

質を求める仕事ができるようになり、スキルも向上。祖父母を安心させられたのも嬉しい。

転職していかがですか?

上司が今までやってきたことを引き継ぐところから仕事を始めたのですが、プロジェクトが進んでいた段階で参加したので、最初は毎日が勉強でした。早く皆に追いつかなければなりませんでしたからね。製品はもちろん、開発ツールも初めて体験するものが多かったので、1から学ぶのは大変でしたが、「期待されて入社したからには絶対に活躍したい!」という思いが強かったので、今でもいろいろなことを勉強しながらがんばっています。

前職での経験も活かせましたか?

製品の種類は違いますが、仕事への取り組み方は活きていると思います。複数の仕事を並行して進めていくときの、スケジュールの立て方や、優先順位のつけ方。また、実験で得られた結果のまとめ方や、課題に対するアプローチの仕方なども、前職で身につけたことを活かせています。

人間関係はいかがでしたか?

プロジェクトに途中から入るということだったので少し心配でした。でも皆さん、とてもいい方ばかりで、すぐになじめました。仕事が終わった後も、一緒にスポーツジムに行ったりしています(笑)。

生活面の変化はありましたか?

現在は鳴門市にアパートを借りて一人暮らしをしています。家賃も4万円とお手頃で、通勤は車で約15分しかかかりません。でも出社は転職して早くなりましたね。前の会社はフレックス制で10時までに出社すればよかったのですが、今は8時始業です。その代わり、帰るのも早くなりました。18時半には仕事が終わるので、19時には家に帰り着きます。だから自炊も積極的にするようになりました。また転職して太り始めたので、ジムにも通うようになりました。大塚グループが経営しているスポーツジムが鳴門市内にあり、社員は無料で利用できるんです。

困ったことや課題はありますか?

前の会社は、私のかけ出しの頃を知っている人が多く、仕事がうまくいっていないときも大目に見てくれる空気感があったのですが、今はそんなふうには甘えられません。皆さん、今の自分しか知りませんからね。中途で入ってきた以上、即戦力じゃないといけないし、期待に応えないといけないというプレッシャーは日々感じています。

鳴門の暮らし心地はいかがですか?

暮らしやすいですよ。公共交通機関の少なさに不便を感じることがありますが、基本的に車移動ですので、毎日困るというほどではありません。また鳴門は徳島市にも近いので、車で20分ほど走ればたいていのものが手に入ります。鳴門は神戸にも近くて、高速道路を使って明石海峡大橋を渡れば、1時間くらいで行けるんです。

転職してよかったと思うことは?

まずは職場で、品質にこだわる仕事ができるようになったことです。そのために勉強することで、自分のスキルも上がった気がします。上司も同じ価値観を持っているので、そこもよかったですね。やりがいがありますし、もっとスキルを上げようと貪欲になれます。今、手がけている製品が世に出る日が楽しみで仕方ありません。プライベートの面では、地元の友達と気軽に会えるようになりました。何より、祖父母を安心させることができたことがうれしかったです。以前から「早く帰って来い」といわれていましたので。転職前は年に3回しか実家に帰れませんでしたが、今は2ヶ月に1回のペースで会っています。両親も喜んでくれていると思います。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

頭の中で考えたり、悩むだけでなく、やってみることが大事なのかなと思います。自分も地元に帰りたいという思いがずっと頭にありましたが、なかなか行動を起こせませんでした。でも周りを見ると、20代でもどんどん転職をしていましたので、動けば道が開けるということですよね。私自身も、転職サイトに登録したとたん、次の日からメールがたくさん来て、動いてみてわかったこともたくさんありました。「大塚テクノ」という会社を詳しく知りませんでしたが、こんなにスムーズに転職できるとは思ってもいませんでした。地元のこととはいえ、自分の知らないことはたくさんあります。「どうせ無理だろう」という思い込みで転職をあきらめてしまうのはもったいない。皆さんの地元にもきっと、いい会社はあると思いますよ。

担当コンサルタントから

株式会社リージェント
吉津 雅之

30歳を前に地元・徳島へUターンを検討されていた大川さん。電話やWEB面談が中心でしたが、誠実かつ温和な人柄が印象的な方でした。大川さんは制御設計の技術者としてキャリアを重ね、スキル面でマッチする企業は多くありました。ただ、仕事終わりの遅い時間などにお時間を頂き、転職の軸や想いを一緒になって会話し、転職理由を深く理解させて頂けたことで、今回のご縁に繋がったと感じています。先日大川さんとお話しましたが、職場のメンバーにも恵まれ、エンジニアとして「質」にこだわった開発に従事できている充実感をお話されていたことが印象的でした。また、仕事以外においても徳島での生活を満喫できているとお聞きできて、私も非常に嬉しく感じています。

一覧に戻る

リージョナルキャリアは転職に関する情報を発信しております。

相談会情報はこちら

お知らせはこちら

求人検索
地域で探す
相談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア徳島について
企業様へ